Showing posts from category: ブログ 2019年 11月〜12月

アメリカでの風邪の対処方法

インフルエンザAにかかりました・・・。おそらく買い物をしている時に、感染したのかと思われます。鼻水と頭痛が止まらないので、近くの病院に行くことにしました。 University of Maryland Medical C…

Continue Reading

昆虫×アート

https://www.metmuseum.org/exhibitions/listings/2019/home-is-a-foreign-place 世界に飛び出てみると、日本にはまだ入って来ていない素晴らしい作家が多…

Continue Reading

コミュニケーション

人工内耳の手術を受ける前はコミュニケーションがスムーズではなく、また滝のような轟音の幻聴を聞く日々でした。どの病院に行っても人工内耳の装着を勧められていました。 しかしそれでも普通に話していたので、私の聴覚がスケールオー…

Continue Reading

共生への可能性

私は2014年にマンハッタンに一年間留学した時に、多様な背景を持つアーティストたちに触れたことで、価値観が大きく変わりました。もちろん作品によって「共感できる人」と「共感できない人」がいますが、歴史を踏まえてお互いに考え…

Continue Reading

トラウマ 痛み

今日は「トラウマや痛み」を取り上げた特別講義がありました。教授から事前に「24時間の情事」という映画と、トラウマ学の本を読むよう指示されました。この本は、フロイトによる分析もあり、英語で読むには難解でした。 また各生徒ご…

Continue Reading

聴覚障碍者の英語について 2

アメリカの大学院では、様々な形でディスカッション(討論)が行われます。例えば教授と生徒たち、または各生徒6人でメンバーを組みます。 この授業は「ジェンダー論」なのですが、「そもそも男女とは何か、なぜ男女という概念ができた…

Continue Reading

聴覚障碍者の英語について

留学生にとって苦労することは、やはり英語です。 私の英語力ですが、正直あまり高いとは言えません。修士1年目の時に、ストレスで腹痛を起こし病院に2回運ばれました・・・。 当初は、TOEFL(留学生のためのテスト)の高得点を…

Continue Reading

ボルチモア 買い物へ 

ほぼ毎週火曜日には、セミナールームでアーティスト、コレクター、キュレーターたちとディーナーがあります。(キュレーターとは日本で言う学芸員に近いのですが、欧米の有力美術館に所属している彼らの地位は高いです)生徒たちと交流す…

Continue Reading

ジョーン・ジョナスさん

京都賞受賞記念を受賞し、12月に日本でもパフォーマンスをされるジョーン・ジョナス さんが私のスタジオに来てくれました。ジョナスさんは、世界でも知名度の高い方です。個人講評は抽選で9人だけでしたので、非常に幸運でした。…

Continue Reading