アメリカでの生活とアートについて

九大生の40%

続くオンライン講義、疲労や不眠訴え 学内調査

https://www.google.com/amp/s/mainichi.jp/articles/20200823/k00/00m/040/107000c.amp

アメリカでも同じように学生のうつ病が増えていると聞いています。正直に言えば、私もコロナが猛威を振るっている間、よく寝れませんでした。倦怠感がひどく夜中に何度も起きてしまい、数時間もぼーっとしたままお昼に起きるという感じです。特にボルチモアは治安が悪いので、外国人として住むとなると疲労感が一層増します。

米国の大学では、スタジオや講義で適度に人に会いつつも制作に打ち込むことで、異国にいても孤独感を解消することができました。しかしコロナ以降はスタジオも使えなくなり、誰かに会うことも難しい状況でした。そうすると様々な感情が湧き上がり、あたかも過去が自分を追いかけてくるような感覚になっていました。

私がその中で出した答えは、一時的に自分から閉ざされた状態になること。そうすることで帰国までなんとか耐えられました。そのためか、九州大の学内調査のように、誰かと顔を合わせているという状況に勝るものはないように思えました。

9月の渡米後は、シンシナティの画廊で働くので、以前のような孤独感はないと思います。しかし半年間耐え、乗りこえることができたことは私自身を大きく成長させてくれました。

少なくとも、新しい仕事を得られないまま帰国していたら後悔していたと思います。

ボルチモアを発つ前日の夕焼け 中心の建物はワシントンD.C.行きのペンステーションです。