アメリカでの生活とアートについて

荷物運び

今日は久々にスタジオに行きました。9月から新入生が入ってくることに備え、スタジオから全ての荷物を撤去しなければなりませんでした。大学の周りを歩いて見ると、アスファルトから多くの雑草が生えていました。

大学院のスタジオがある建物の周りは、やや治安が良くありません。よく路上生活者がマットレスを引っ張って寝ていたり、テントを張っていたりします。麻薬を吸ってフラフラしている人もいるので、夜間はやや危険でした。

写真を撮ってくれとアピールされました笑 

下の二枚は別の日に撮影したものですが、大学院の建物の上に巨大な監視カメラが設置されました。良く見ると大学院の窓ガラスにスプレーがかけられて、洗浄された跡が残っていました。アメリカは全体的に治安が悪化してきているので、今では暗くなったらほとんど外を歩くことができません。