アメリカでの生活とアートについて

国の分断

私が住むアパートの近辺は活気になってきたものの、多くの人がマスクすらしなくなり濃厚接触をしています。皆普通に家族やカップルでランチをしたりのんびり散歩しています。

この辺はわりと平和なのですが、逆に低所得層のアメリカ系アフリカ人が多く住む地域の治安が見るからに悪化しています。

そのことにより、攻撃的な落書きが増え始めており、例えば18世紀後半にメリーランド州の知事だったJohn Eager Howerdの騎馬像の台座には「奴隷のオーナー、白人至上主義者」とスプレーで書かれています。その字が消されても、またその上からスローガンが書かれるというイタチごっこが続いています。

ニュースを見れば、コペンハーゲンで有名なマーメイドの像でも同じことが起きたそうです。ここまで過激になると人種差別への抗議というより、フロイドの死に乗じた暴動行為の扇動です。https://nypost.com/2020/07/03/copenhagens-little-mermaid-branded-racist-fish/

レイシストの人魚姫

また、「私はホームレスなの、助けて!」と書かれたダンボールの板を持って立つ人も徐々に増えてきました。

アメリカにいると、こうした人種、経済格差による国の分断が進んでいるのが目に見えて明らかです。