アメリカでの生活とアートについて

Black lives matter、そして虹の旗が増えてきている

アメリカはキリスト教の神のもとの国であるため、はっきりした二元論的な構造を持っていると感じています。ついこの間まで暴動が起こっていたかと思えば、今はすっかり平和な行進になり、温かいメッセージが街に溢れています。少し外を歩けばBlack lives matterや、その他のメッセージを見かけます。

車の上に、青いペンキでBlack lives matterと書かれています。

それに加え、最近は街に虹の旗が増えてきています。虹といえばLGBTのみのシンボルだけだと思っていましたが、どうもそれだけではなく多様性のことも意味するようです。もしかしたら今回のBlack lives matterに対するメッセージを含めているのではないかと思います。

前のブログでも書いたように、子供たちもエッセンシャルワーカーへの感謝として虹を書いています。

http://yosi-nakamura.com/2020/06/04/love-is-an-action-never-simply-a-feeling-bell-hooks/

私は幼い時に聖書を読んでいたのですが、ノアの洪水の物語では虹が出てきます。そこで神様はノアにもう2度と洪水を起こさない約束の印として虹を作ったそうです。おそらく洪水は「死と再生」で、虹は「浄化」の象徴なのだと思います。

もちろん、科学的には水滴と太陽光の屈折によって起こる現象に過ぎません。しかし人間は常に意味を作り出してきており、いずれにしてもアメリカでは価値あるものとして存在しています。

ちょうど、私たちの慈悲や思いやりが仏を作り出し、実際にお寺で仏像を見た時に忘れかけていた心を思い起こさせるのと似ているような気がします。

だから私は虹だけではなく、宗派問わず仏像、マリア像、お守りなどを見ると、人々の良心を感じてホッとさせられるものです。