アメリカでの生活とアートについて

コロナウィルスの影響

マイカの施設やスタジオが完全に閉鎖、卒制もキャンセルになりました。その代わりオンラインでの授業が来月から始まります。

生徒たちは、授業費の返済の提示がないことに対して、毎日のように大学に抗議しています。大学側も積極的に会議を行い、話し合いに応じています。ただ黙ってるだけではなく、こうした対話をすることで良い方向に導くこともあります。

しかし気持ちを切り替えて、少しでも早く前を向いていく必要を感じている毎日です。

ここボルチモアの桜も満開です。ストレスの多い毎日でしたので、しばらくの安堵を感じています。