アメリカでの生活とアートについて

マンハッタンのギャラリー情報2

今回、チェルシーのギャラリー街では、名声が定まったアーティストの作品が多かったです。もちろん、画廊にはアートシーンの流行が反映されます。例えばポップな作品ばかり並べられる時もあれば、アフリカ系の作品揃いということもあります。

Keith Sonnir (Paul Kasmin Gallery ) アーティスト名(画廊名)ライトやガラスなどを使った作品です。

Zilia Sanchez (Galerie Lelong & Co. ) 半立体の作品で、著名なアーティストです。

Petter Halle (Creene Naftali) 迷路のようなインスタレーションです。

Mary Course (Pace Gallery) 美術館でよく見られる作品で、ガラスフィバーを使っているので、不思議な輝きをしています。

グループ展 (FLAG Art Foundation)です。ドガなどの古典作品を、Nicolas Party (アーティスト)のパステル画と組み合わせた奇抜なインスタレーションとなっています。

Anish Kapoor (Lisson Gallery) 世界中の美術館で展示されている、イギリスのアーティストです。

Richard Serra (Gagosian Gallery ) 全世界中に作品があり、特に巨大な彫刻が多いです。

Robert Longo (Metro pictures) チャーコルで描かれており、写真と絵画の中間のような不思議な空間となっています。作品の縦横サイズがおよそ2〜3メートルもあります。

Philip Taaffe (Luhring Augustine) この画廊で毎回展示されているアーティストなのですが、私のお気に入りです。

Yayoi Kusama (Mucciaccia Gallery) 今回は割と小さな画廊でしたが、普段はDavid Zwirnerなどの大きな画廊で展示されています。

Trisha Donnelly (Matthew Marks Gallery) 大理石の衝立がモノリスのようです。人物の奥に映像が投影されています。

Mike Kelley (Hanser & Wirth New York) 日本のワタリ美術館でも展示されていたことのある、世界的なアーティストです。性的な描写が多いのですが、知的でユーモアのセンスがあります。

Nathalia Djurberg and Hans Berg (Tanya Bonakdar Gallery) ヤン・シュヴァンクマイエルのようなアニメーションで、女性へのバイアスや性被害を想起させます。床にある粘土細工の鳥はティム・バートンの世界のようです。

マンハッタンの美術館情報 1へと続きます。