アメリカでの生活とアートについて

昆虫×アート

https://www.metmuseum.org/exhibitions/listings/2019/home-is-a-foreign-place

世界に飛び出てみると、日本にはまだ紹介されていない素晴らしい作家が多くいます。そのためオンラインで英語のリサーチができると多くの情報が得られるかもしれません。

大学での講義と個人講評を受け、ドナ・コンロンさんの作品がとても印象に残っています。彼女はカンサス大学で生物学を学んだ後、マイカの修士課程で彫刻を専攻した方です。

現在パナマに住んでいますが、来年の6月からメトロポリタン美術館別館のメット・ブロイヤー(マンハッタン)で展示されます。(本館は他国の文化的遺産が多く展示されています)

彼女の講義で見せていただいた映像はどれも素晴らしかったのですが、特にハキリアリが国旗を運んでくる様はアイロニックなユニークさを醸し出していました。 

https://www.donnaconlon.com/7418631-coexistence

またドナさんから、個人的にメールで送っていただいたのですが、大変興味深かったのでここでシェアをします。彼女が言うには、バッタ同士が腰振りの振動によって対話をしているそうです。