アメリカでの生活とアートについて

聴覚障碍者の英語について

留学生にとって苦労することは、やはり英語です。 私の英語力ですが、正直あまり高いとは言えません。修士1年目の時に、ストレスで腹痛を起こし病院に2回運ばれました・・・。

当初は、TOEFL(留学生のためのテスト)の高得点を取れれば留学できる!ライティングとリーディングだけだから何とかなる!(聴覚障碍者はスピーキングとヒアリングが免除される)と思っていました。最終的に高得点が取れるようになったので留学できたわけですが、現実は甘かったです。

マイカはそもそも普通大学ですし、基本的に生徒たちは進学のための訓練を受けているため、会話のスピードがとても早い。特にディスカッション(討論会)になると、健聴者ですら後から英語を学んだ人にとっては相当難しいそうです。

ワイファイを通じて、アイパッドに通訳の文字が出てくる。

授業では先生が一方的に話すことはありません。基本的に生徒と対話をしながら進めていきます。

私にはプロのノートテイカー(文字通訳者)がつきますが、全ての大学に障碍を持った生徒を受け入れる体制が整っているわけではありません。大学側の金銭的負担もあるため、健常者に近い生徒が求められます。

ワイファイを通じて、パソコンに通訳の文字が出てくる。

ノート通訳があるからといって、授業がスムーズかというとそんなことありません。パソコンに打ち込むタイピングがとても早いんです。しかもTOEFLで勉強したようなアカデミックな文章だけではなく、口語的な言葉も混ざります。「何言ってんだろう?」と思うこともしばしばあり、最初は全く読めませんでした。そもそも文字情報だけで理解することは大変なことです。

そのため、個人講評の時には、なるべくノート(パソコンやアイパッド)に起こされた文字だけを読まないことにしています。相手(アーティスト、キュレーター、美術館関係者、教授など)の口の動きとイントネーション、表情、身振りを確認しながらメモにとり、後からノートを丁寧に読みます。

皆熱心にノートを取っています。

グループ批評会の時には必ず事前にメモをしておき、状況や流れを読みながらリアルタイムで直していきます。当然英語の発音に問題があるので、ノートテイカーに代理で伝えてもらいます。

中国の女性とチベット人の男性(掲載許可済み)

このお二人さんも英語に悩んでいた人たちです。中国から来る留学生の大半は相当英語ができるのですが、左のソフィアさん(ニックネーム)はディスカッションの時にはずーっとだんまり。しかも私とペアになってグループディスカッションのリーダーになった時には、授業を欠席していました・・・。

しかし彼女は、高度な最先端のバイオテクノロジーのテクニックを持った人で、人間の肌に近い組織と機械をミックスしたり、人が近づくと不思議な音や匂いが流れる作品を作っています。

右側の男性はチベットからきた人で、アメリカの某大学を卒業した後にマイカに来ました。

このお二人仲良しです。ここでは国の問題を乗り越えて皆繋がっていきます。そのツールが英語であることを考えれば、時間をかけて学ぶ価値があると思います。