アメリカでの生活とアートについて

マンハッタン3 グッゲンハイム美術館

グッゲンハイム美術館でも注目の展示がありました。この6人は全米で知られた作家たちです。特に蔡國強は、日本で作品を見たことがある人がいると思います。彼らがキュレーションした作品が並べられていましたが、どれも素晴らしかったです。

この作品はGlenn Ligonの作品で、テキストとイメージの関係性を追求したコンセプチュラルアーティストです。文字だけを用いた作品がとてもクールで、Art21という有名なドキュメントにも主演しています。https://art21.org/artists/ 作家が黒人でゲイであるという、マイノリティの視点を表現したものであり、私たちの世界はマジョリティだけで成り立ってはおらず、特定のバイアスにかかっているだけなのだということに気づかせてくれます。現代アートは癒しなどだけではなく、私たちの知覚を刺激したり、思考を促すものです。

Catherine Opieという作家の写真ですが、彼女はアウトサイダーにフォーカスを当てていますが、必見すべきは、「移民、フェティズム、キリスト教社会、女性問題、弱者」といったキーワードが見えてくるところです。この作品の中で女性は自らの身体を痛めつけながらも、同時にマリアの聖母像のように肌の透き通った子供に授乳をしています。注目したいのは、単にショッキングな表現だけではなく、見慣れた頃に見えてくる美しい構図と選び抜かれた媒体であることです。

広い空間にSimone Leighの巨大なスカルプチュア(彫刻)があり、近くで耳を澄ますと小さな低音が聞こえるそうです。そばに立っていた警備員の人に聞いたところ、このスカルプチュアは空洞になってエコーしているそうです。

去年キュレーターや作家たちから、私の作品に共通点を感じると何度も言われていたこともあり、Lee Bontecouに興味を持ちました。日本ではそんなに知られていないようですが、アメリカでは著名な作家です。彼女の多くの作品に見られるぽっかり空いた穴は、深淵を覗き込むような暗さがあります。スカルプチュアのみならず、ドローイングの技術も突出した人です。

言わずと知れたルイーズ・ブルジョワの作品であり、六本木ヒルズで見かける巨大蜘蛛の作家です。去年マイカのツアーで行ったグレンストーン美術館(Glenstone)ではもっと大規模な個展会場を見ることができました。彼女は自らのトラウマを表現しているためグロテスクであり、父親を噛み砕いたインスタレーションもあります。想像力に溢れた多種多様なドローイングや彫刻、インスタレーションを多く残しています。

https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g41328-d4972549-Reviews-Glenstone_Museum-Potomac_Montgomery_County_Maryland.html

上の作品はバーバラ・クールガーの作品ですが、フェミニズムの大御所みたいな人です。公共場所でテキストを用いることによって男女平等を促進した作家で、今回は新聞記事から文章をごっそり取ってしまった作品を出品していました。

日本勢からは草間彌生、田中敦子の作品が出品されていました。

草間は日本画を学んでいたためか、繊細に描かれた白の網目模様が美しいです。彼女の植物着彩を日本で拝見したことがありますが、今も続けていたら日本画界の巨匠になっていたかもしれないと感嘆したものです。田中は欧米でよく知られており、この陶器の作品も、モノトーンの色調でありながらもパワフルです。ここでは展示されていませんでしたが、彼女が作った電気服は今見ても斬新です。