アメリカでの生活とアートについて

マンハッタン2   ホイットニー美術館

マンハッタンでは、2年に一度のホイットニー・ビエンナーレも開催されていました。今回は社会問題や様々な文化背景を感じさせるアーテイストが多く、4年前に見た作品とは雰囲気が違っていました。個人的に注目していたのはキム・クリスティンの作品です。彼女はサウンドアーティストとしてデビューした作家で、現在ベルリンに在住しています。

今回は鉛筆でグリグリ書いたドローング(拡大印刷)なのですが、障がい者のサポートやコミュニケーション問題による彼女の怒りとは裏腹に、美しく表現されています。ただこの作品はユーモアのセンスも入っており、マイカの助手さんが思わずクスクス笑っていました。

私の大学マイカでも、障碍者へのサポートが非常に困難であるようです。しかしアメリカでは高校までは法律によって自動的にサポートされるため、逆に大学では独立した人間として扱われたい人もいて、当事者が自ら申請しない限り支援は行われません。

私は日本画出身なので、ペインティングに目がいってしまうのですが、アメリカには日本では考えられないほど多様なペインターたちがいます。数年前に日本の某公募展で流行ったスタイルの本家ローラ・オーウェンスも、相当なテクニシャンで、いまや彫刻、インスタレーションまでこなし、もはやどうやって制作しているのか分からないくらいのクオリティです。

スカルプチュア(彫刻)も多く展示されていましたが、デジタルの画面を通して社会問題を提起したり、移民を象徴する荷物のような表現、オーソドックスな作品まであります。これでもかとテクニカルにびっしり詰めていく作品、あっさりシンプルに作った作品も設置されています。欧米ではこうした作品が幅広く存在しているけれど、観客と共有し、歴史に深くコミットしていることが分かります。日本ではこうした視点がなかなか想像し難いのかもしれません。

また小規模から中規模のインスタレーションもあり、古典的な手法からテクノロジーを活用させているものまであります。ベニスなどの大きな会場になると大規模なインスタレーションであることが多く、空間への知覚を拡大させていくことが主流になっているのでしょうか。

この映像はホイットニー美術館の委員長が経営しているthe safariland groupという兵器会社による催涙弾ガスへの抗議でした。映像の中では、アメリカの国境付近でメキシコからの移民者を追い払うために催涙ガスなどが使われており、多くの人が惨殺されていました。あたかもこの会場のメインであったように、多くの観客が注視していました。